まって! あぁ!!……結果発表。

今日ね、八王子でしゃぶしゃぶ食べたの。
奥多摩の中高生キャンプのリーダー達の感謝会/反省会/打ち上げのようなもので。
で、まぁいろいろいい話をして、最後に祈ってたのよ。
そして事は起った…。
Today, we(the Leaders for the youth camp) were having dinner at a restaurant, talking about what happened at the camp or how churches are in Japan.
then it happened.....


店員が「お飲物はたりていますかー?」と乱入。
俺達は祈ってたわけ、頭たれて目ぇつぶって。
staff"do you have enough drink?"
at the moment we were praying, bowing our heads with our eyes closed.

彼女は「…皆様お疲れですね!!」っていって去っていった。
she said "oh! you guys are tired!!" then went away.

祈りを続けれず笑ってしまった俺達でした。
we coudn't continue praying and cracked our selves.


それで、今日、聖書を読んでて思ったのが、神様は俺に「待つ」事を教えたいらしい。って事。
待つっていうか、信じる事、気をもむんじゃなくて、信じて、神を恐れるってこと。
then, what i feld today reading bible is that God wants me to learn to "Wait on him" i mean to believe him completely, not worred and fear him.


創世記16章で、サライは待ちきれずにアブラハムにそばめを与えてしまって息子出産。それで招かれたごちゃごちゃした物。(あとあと、イシュマエルの子孫とイサクの子孫はパレスチナで大げんかをするしね。イスラム教徒とユダヤ人、クリスチャンの問題もここからだし、)
in Genesis 16, Sarai couldn't wait for God and gives Haggai to Abraham. then all the disastar came out of it. (not only that time but even now. around Palestine, Isumael and Issac are fighting.)


ネヘミヤ5章ではネヘミヤが「あなたがたは神を恐れて進むべきではないか」って言ってるし、
in Nehemiah 5, Nehemiah said "shouldn't you walk in the fear of our God?"

マタイ15章のカナン人の女は与えられなくても「ダビデの子イエス様、私をあわれんでください!」とさけび続け、その信仰により、パンくず程度のものでも神様の力なら何でも可能だと告白し、与えられている。
in Matthew 15, the cannanite woman cried out to Jesus saying "Jesus, son of David have mercy on me!!" no, she never gave up and confessed in her faith that God is able to do anything by even little little part of his power. then she was given.


バイトもさ、先週キャンプラッシュが終わってすぐクロネコヤマトの仕分けの仕事に申し込んだんだけど、まだ履歴書を預けて、それから面接してない状況なわけ、面接もしてないんですよ。今日「どうなってんすか?」って聞きにいったら「今日中に電話が行くと思いますから」て言われた。もういいから履歴書返してくれ…。
soon after all the camps were over, i started looking for part time job.
but still haven't got any.


今日、打ち上げのために家を出る前に、Moodyから手紙が来ていた。
俺としては長かった長かった待つ時間にお別れを言うときが来たと思った。
9月に帰国し、TOEFLを受け、11月中旬に願書を送って、それから待って、待って、待った。
で、内容はと言うと…。
then today, be fore i left for the dinnner, i got a mail from Moody,
it's been long. really for me, and thought"the wait is over!!"
came back to Japan in September, took TOEFL, applied in November then waited and waited! and i opened the envelope...


「書類が足んなかったんで、また申し込んでください。」
"we have not received the following....... these items must be submitted......"


だってさ、3月にもう一回申し込めるんだけどさ、なんて言うか、肩すかしだよね。
その足りなかった書類って、牧師の推薦状と、TOEFLのスコア、どっちも送ったはずなんだけど、何か間違いがあったらしい。
もちろんまた申し込むし、メールで確認をとってみるつもりだけど、何か悲しいよね。
i gotta apply again. and wait till April to hear how it goes again...
the missing items??
original TOEFL score, which i asked ETS to send. hmm.
pastor reference form in a sealed signed envelope. which i certainly sent with the other documents.
of cause i'll try again but i feel....confused.


でもその時に今日のデボーションを思い出して、神様がどれだけ今の俺に「待って、気をもむのではなく、信じ、恐れる」事を教えたいのかを思わされた。
9月に帰ってきてから、神様が何を今の俺に教えたいのかなって思ってたけど、まず、神を恐れる事、忠実に、従順に生きる事だと思った。
一気にさ、「宣教師」って肩書きから「無職(20)」になったわけで。早くそれが終わってほしい気持ちが大きいんだけど…、
まぁ、取りあえずバイトが欲しい。せめて、「フリーター(20)」で。
but when i read this, i remembered today's devotion. what God has said.
"wait,and not be worried but fear me, just believe me."
i've been wondering what God wants to teach me in this 12 months from i came back to Japan in September. now it's clear. "to wait, fear my God, and live faithfully and obediently."
my status became to "20 years old with no job" from "a missionary on the ship."
and i've been waiting to end this.. at least i want to be "20 years old. with a job."




今日は、デボーションがどれだけ大事か。という話でした。みんなわかったかなー?
So, today's lesson was about how important it is to have daily devotions! ok?
[PR]
by akirasoyama | 2008-01-15 23:59 | diary


<< beard(don't... 山田じゃねーの? >>